NBRP「ニホンザル」は、医学・生命科学研究に用いられるニホンザルを飼育下で繁殖・育成し、提供するプロジェクトです

第15回公開シンポジウムについて

  • HOME »
  • 第15回公開シンポジウムについて

ニホンザル研究~ここがおもしろい~

事前参加登録を開始しました

日時: 2019年8月19日(月) 13:00~16:00 (開場12:00)
場所: ソラシティカンファレンスセンター ルームB
(JR「お茶の水駅」徒歩1分・東京メトロ千代田線「新お茶の水駅」B2出口直結)
⇒アクセス http://solacity.jp/cc/access
開催形態: 公開 参加無料(要事前参加登録)
⇒参加登録受付はこちらから

プログラム

13:00  開会挨拶
13:05  ナショナルバイオリソースプロジェクト「ニホンザル」とは

中村 克樹(京都大学霊長類研究所 代表機関課題管理者)
13:15  iPS細胞×霊長類学で拡がる研究

今村 公紀(京都大学霊長類研究所

関連情報(外部リンク Youtube 2019/3/27):
京大先生シアター 「iPS細胞×霊長類学」で、ヒト進化の謎を解く
関連情報(外部リンク アカデミスト・ジャーナル 2018/10/23):
ニホンザルのiPS細胞の製作に成功!
-「霊長類学」の新たな可能性

14:05  ニホンザルは「素材」をどう知覚するか

関連情報(外部リンク 生理学研究所リリース 2018/8/14):
素材の種類に依存したニホンザルの行動反応
関連情報(外部リンク 生理学研究所リリース 2016/3/18)):
「見て触れる」経験が「見る」仕組みを変える
-脳の「視覚野」が手触りの経験によって変化することを発見-

14:55  ヒト記憶メカニズムの理解に向けたサル研究

関連情報(外部リンク アカデミスト・ジャーナル 2018/12/17):
「何を見ても何かを思い出す」
-サルの脳活動からわかった記憶をささえる柔軟な神経回路

関連情報(外部リンク 高知工科大学リリース 2018/11/14):
「ものを見て、関連するものを思い出す」
記憶のメカニズムを世界で初めて発見

15:45  総合討論・意見交換
16:00  閉会挨拶

*プログラムは一部変更となる場合がございます。


  • facebook
PAGETOP